クッキングレシピ

小豆カボチャ(Red beans and Pumpkin)

今回のマクロビオティッククッキングは、マクロビオティックの基本料理「小豆カボチャ」です。小豆は腎臓を強くしてくれると言われています。腎臓が疲れているなと感じた時はぜひ小豆をメニューに取り入れてみてください。また腎臓は、低血糖症や糖尿病とも関係しています。甘いお菓子などを摂る量を減らしたい時は、代わりに小豆カボチャを食べてみてはいかがでしょうか。

ただ、腎臓が疲れているかどうかは自分ではなかなか分かりづらいですので、簡単なチェックの仕方をお伝えしますね。

鏡で自分の顔を見てください。もしくは近くにいるどなたかの顔を見てください。目の周りはどのようになっていますか?いつもと同じですか?黒くなっていたり、赤くなっていたり、できものができていたり、目の下が膨らんでいたりしたなら、腎臓が疲れている可能性があります。そんな時はぜひこのメニューを試してみてください。

では、材料です(4〜5人分)

  • 小豆 100g
  • カボチャ 500g
  • 昆布 10cm
  • 水 適量
  • 天然塩 少々

作り方はとっても簡単。小豆をやわらかく煮てから、カボチャも加えて火を通すだけです。詳しくは動画をご覧ください。

上手に作るコツは、蓋の重い鍋を使うことと、少量の水で弱火で煮ることです(焦がさないように注意してください)。最後に水分が多く残っていたら、中火で煮詰めてください。

鍋はこんな感じのものが良いかと思います


少し多めに作って作り置きをしても良いと思います。2〜3日は冷蔵庫で余裕で日持ちします。常備菜としてぜひ。

そしてよろしければYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします!

あなたの毎日に彩りと健康を。

ナガヌマ町ハナレのホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。