クッキングレシピ

ひよこ豆のファラフェル(Chickpea Falafel)

今回のマクロビオティッククッキングはスパイスの効いたひよこ豆のファラフェルです。とても簡単で好きな料理の一つですが、ファラフェルって何って言う方もいるかと思います。

ウィキペディアでは、

ファラフェルもしくはファラーフェルアラビア語: فلافل (falaafil[ヘルプ/ファイル])、英語: Falafel)は、潰したひよこ豆そら豆に香辛料を混ぜ合わせ丸めて食用油で揚げた中東の料理。西洋料理のクロケットやそれを模して作られた日本料理コロッケなどに似た調理法を持つ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本でいうコロッケみたいなものですね。色々な豆にスパイスや調味料と玉ねぎなどを加えて揚げる料理です。特徴的なのは、豆は火を通さないで水で戻して、潰して揚げるというところでしょうか。なので、一手間省けてとても簡単に作れます。

うちでは、大豆や黒豆で作ることもあります。食感や味が変わったて、それも楽しみの一つですね。

では材料です(12個分)

  • ひよこ豆 200g(水に一晩つけておく)
  • 玉ねぎ 1個
  • にんにく ひとかけ
  • みそ 小2
  • 天然塩 小1/2
  • クミンパウダー 小1
  • コリアンダー 小1/2
  • フェンネル 小1
  • ベーキングパウダー ひとつまみ

では、作り方は動画をご覧ください

いかがでしたでしょうか。とてもシンプルな料理ですね。豆をたっぷり使っているのでボリューム満点、更にスパイスがやみつきになる感じです。調理のポイントは、油はしっかりと170~180度に熱してから、揚げることです。油の温度が低いと崩れてしまったりしますのでそこは注意ですね。表面全体をまずは揚げて固めると崩れにくくなります。お弁当やおやつにも良いですね。ぜひお試しください。

あなたの毎日に彩りと健康を

Hokkaido Natural LifeのYouTubeチャンネルはこちら。マクロビオティックレシピを公開していますのでこちらもぜひご覧ください。

講座の案内などはナガヌマ町ハナレのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。